なにを目的に仕事、人生を過ごすのか。

 4月から、新学期が始まりましたね。新しい世界に飛び込み怖さや期待、緊張など人により様々な感情をお持ちではないでしょうか。


 怖さと緊張は似たようなものではないでしょうか。新入職された方は、環境が一変してしまうことで新しく学ぶことの多さに怖さを持ち、先輩方や優秀な先輩との関わりに緊張してしまう。しかし、その緊張感は時間が経過すると必ず減ってきてしまいます。


仕事をする目的が変わると、好奇心や向上心を押さえ込んでしまうのです。私は、医療従事者としてリハビリテーションを総合病院で行ってきました。


1年目は、「緊張と怖さ」

2年目は、「余裕と責任感」

3年目は、「疑問と好奇心」

4年目は、「怖さと向上心」

5年目は、「人生の選択と勇気」


少し、企業で働かれている方と視点が違うかもしれません。担当患者様が亡くなることもありましたし、病気によって自由が制限されてしまう方もおられました。リハビリテーションを行う者としてどう関われるのかを悩み、学び、提供してきました。患者様には、これがリハビリだと私自身が満足していたのです。


目標とした理学療法士としてリハビリテーションを行えていました。しかし、人生を考えると短時間しか関われない他人に指導を受けても患者様がま自己決定を行い過ごされていく場に私は存在意義を見出せませんでした。(対象としていた方が65歳以上で80ー90歳台の方が多かったからかもしれません)


国家資格をとっても、未知なことが多く日々勉強する事が必要です。これが継続できるのも3年目

の疑問と好奇心を持ち自ら向上心を持ち行動していかなければなりません。


これを達成していくためには、学ぶ為の時間やお金が必要なのです。


誰と向き合い、なにを提供しているのかを今一度自分に問いかけましょう。


学ぶ為の時間は、学び方で確保できる物があるかもしれません。例(オンライン、文献


お金は、安く学べる環境を探してみる。なければお菓子を少し減らしてみる事も手段かもしれませんね。。


お金を稼ぐことだけが目的ですか?

思い出してください




13回の閲覧
  • Instagram
  • Facebook
  • YouTube
LINE_APP.png

​RehaMore株式会社

​RehaMore Inc