マクロの目とミクロの目


私は、理学療法士になり、病院勤務では運動器疾患の方を中心にリハビリを行ってきた。

そこで、リハビリをするなかで、この硬さが正常なのか異常なのか?がわからないことが多々あった。

健側と比較することやいわゆる健常者を触診してそれと比較する。この方法が一般的であるのではないか。

筋硬度計なども存在する。

また、超音波診断装置の発展により硬さを数値化することが可能となってきている。

それらを使用することで客観的数値を示し、評価や効果判定に用いることは根拠に基づく医療を提供する上で非常に重要であると考える。

しかし、一般的に言われている正常値はあくまで一般的である。

その患者様にとってその値がどれほど重要なのか?

また、その異常な状態を直接的に改善する(例えば即時的に疼痛が軽減する)ことで本当に根本的にその患者様のADL向上・社会復帰に貢献できるのか?

健常人でさえ、すべてが完璧な人はいない(おそらく)

そのなかで、小さな異常値だけにとらわれてしまうと、いわゆる「木を見て森をみず」の状態に陥ってしまうのではないか。

患者様を評価・治療していく際は、一つ一つの評価で可能であれば客観的に数値化する。(ミクロの目)

それに加えて、その患者様が一番困っていることは何か、QOLを向上するためにはそのほかに必要なことはないか(マクロの目)、その方にできる最大限のことを探りながらリハビリを進めていくことが大事なのではないかと思う。

このように物事を一方向からだけでなく、多角的に、全体像を確認しながらこれからリハビリテーションをすすめていけたらと思う。

13回の閲覧
  • Instagram
  • Facebook
  • YouTube
LINE_APP.png

​RehaMore株式会社

​RehaMore Inc